一粒社ヴォーリズ建築事務所

W.M.VORIES & CO., ARCHITECTS ICHIRYUSHA

たてもの紹介 − 建築作品【宗教】

建築作品 > 宗教 > 日本基督教団 富士見町教会

※ 小さい画像にマウスを乗せると大きい画像が入れ替わります

イメージ:日本基督教団 富士見町教会
サムネイル
サムネイル
サムネイル
サムネイル

日本基督教団 富士見町教会

所在地

東京都千代田区

構造規模

SRC造 3階建て

延床面積

1,675 m2

竣工年

2013年

富士見町教会は1887年、植村正久牧師により創立された日本におけるプロテスタント教会の草分けです。
2004年、教会敷地を含む再開発の申し出を受け入れ、2013年8月、同敷地で三度目の献堂をしました。
 
正三角形の屋根は三位一体を表し、頂に十字架を掲げることで教会の存在を示しています。
ガラス張りの外観正面からは明るく広いエントランスホールの様子が伺え、教会と広場を一体に見せ街の賑わいに呼応し、入りやすく開かれた教会となっています。
緩やかな階段を上るに従い礼拝への心備えをし、一歩礼拝堂に脚を踏み入れるとそこは外部の風景と雑音から隔絶され、天からの自然光と間接照明に満たされた静謐な礼拝空間が現れます。
 
全体的に「意匠は直裁、構造は堅牢、材料は素地」を心がけ、禁欲的なまでに装飾を一切削ぎ落とし、礼拝空間を覆う天井はコンクリートの大屋根の構造体そのものが織り成す美しさを見せることで、今も変わらない伝統ある長老派の教会であることを表しています。
 
  
会衆席数:310席(補助席込430名)
 
平成26年照明普及賞受賞
https://www.ieij.or.jp/IP/awardH26.html 

  
撮影:エスエス東京(石井 哲夫)
 
 
日本基督教団 富士見町教会:ホームページ
http://www.fujimicho-kyokai.org/

▲ このページのトップへ

Copyright © 2005 - 2015 株式会社一粒社ヴォーリズ建築事務所 All rights reserved.