一粒社ヴォーリズ建築事務所

W.M.VORIES & CO., ARCHITECTS ICHIRYUSHA

ヴォーリズとは − コラム

コラム > 煎り卵の新しい調理法

煎り卵の新しい調理法

2005年7月23日

コロラド大学の時代、ヴォーリズは友人との自炊生活の中で新しい卵料理を発明したと著書に記している。

* 調理法 〜 ヴォーリズの煎り卵
深い小鍋に七分目ほどの牛乳を入れ、それから鶏卵大のバターを入れ、塩で味を付ける。
そしてとろ火でいる。
バターが溶けたら卵四個または六個をよくといておいて、その中へまぜながら注ぎこむ。
そしてかたまってくるまで、絶えず、かきまぜる。
最後に、よくトーストしたパン(白パンでも黒パンでもよい)のサイの目に切ったものを、手早くそこへ入れてかきまぜる。
一方バター付きトーストを何枚も作っておいて、その上に、いりたて卵を載せて食膳に供する。
一人前に、卵一個または二個の割合とし、牛乳の分量は、必要に応じて適当にする。

一柳米来留「失敗者の自叙伝」より抜粋

ヴォーリズはこの調理法を説明する中で、「この秘伝を公開すると、読者の方で、この特許権をとられては困ります。そんなことにでもなると、かんじんの私が、今後その調理法によって卵を煎ると、権利金を支払わされるか、罰金をとられる破目になるだろう。」とヴォーリズらしい冗談も披露している。
特許権をとられない方、一度お試しを。

煎り卵の新しい調理法

▲ このページのトップへ

Copyright © 2005 - 2015 株式会社一粒社ヴォーリズ建築事務所 All rights reserved.